ラスベガス研修

Studio B.n.Pのnaomiです☆
久々に長い(ちょっと暑苦しいかもですがw)Blogなので、
お時間ある時に読んで頂けたら嬉しいです♡

先日、お休みを頂き、私の所属しているDKピラティスジャパンのマスタートレーナー研修にラスベガスへ行って参りました♪

土曜日担当して頂いているacCo先生の母校でもある、UNLV(ネバタ州立大学ラスベガス校)です。

日本からは、DKピラティスジャパンの代表を含め7名のマスタートレーナーと事務局の計8人で研修に参加して来ました。
普段は日本全国それぞれの場所で活動しているメンバーですが、師匠の元に集まることができたのも貴重な機会です☆

研修1日目の午前中は、マスターたちだけで師匠DollyのRose Studioで事前研修。現地のマスターと一緒にエクササイズを深めて行きました♪

その後、UNLVの教室に移動してから、師匠と一緒にさらにディスカッションして、動いていきました。
やはり、皆さん知識・経験豊富でいらっしゃるので、話す内容も深めたらどんどん深まって時間がどんどん無くなります(笑)

これが3日間研修がありました☆

UNLV内の教室。こちらで研修していました♪

今回の目的としては、日本でマシンピラティス(キャデラックやチェア)の資格を新たに発行出来るように教科書を改定するために行きました。

まだまだマシンを置いてあるスタジオは都心から離れれば離れるほど少ないのですが、B.n.Pではキャデラック(トラピーズ)のエクササイズが出来るタワー付きのマシン、チェアもあるので、クライアントさんに色々なアプローチができます。

アメリカなど海外では、ピラティスと言ったらマシンピラティスと言っていいほど、マシンピラティスが主流です。

日本も、都心ではグループでマシンピラティスができるところが少しずつ増えて来ました。グループがいいかどうかは別として、、、(もちろんフローに動くことはとても大切♪)
やはり、マシンがあることで、お身体を調整することがマットよりもよりしやすくなります。また、スプリングなどの負荷がかけられたり、逆にサポートになったりするので、シニア世代や怪我をされた方にも、サポートしながらの調整が可能になります☆

みんなでTeaser(笑)

今回の研修では、UNLVだけでなく、医療とピラティスの連携が出来ている現場にも行かせて頂きました。

理学療法士とピラティスインストラクターが同じクリニックで連携してクライアントさんを見ています。
アメリカは医療費が高いというのも聞いたことがあると思いますが、
治療のためだけでなく、病気になる前のケアとして毎日のようにクリニックにきて、自分に処方されたエクササイズをどんどん自分でやっていくんです。

3つのクリニックに行かせて頂いたのですが、
3つ目のクリニックでは、ボクシングの伝説の人?アリとか、タイガー・ウッズとかのトップアスリートのトレーニングやリハビリなどをされていた方がクリニックのTOPで、たくさんの写真も飾っていました♪

そこでとっても素敵な先生に出会い、その場でレッスンをして頂きました!
マスターばかりなのでアスリート向けのセッションをしてくださったんですが、
私が産後4ヶ月間近ということで、体がやはり皆さんとは違って感覚が鈍く、
動けないでいたら、私には特別メニューをしてくださいました。

こちらのJulieta先生が最高でした☆

初めて伺った時にとても丁寧に見てくださって感動したので、別日の自由時間に再びJulieta先生の元へ行かせて頂きました。

こちらではよりクリニカルなピラティスを提供していて、日本もこういう医療との連携がもっと進めばいいのにと本当に思います。
マスターの仲間の中には、医療機関との連携を目指し、活動されている方もいらっしゃるのですが、
B.n.Pはすぐに医療との連携が出来なくても、シニア世代が受けやすい環境を作っています。
(70歳以上であればプライベートセッションが半額となっております)

今回思ったのは、既にB.n.Pのメンバー様の中にもいらっしゃいますが、
整体やその他の医療機関に通っている方が、ピラティスを通してどんどん改善できている事。これはクリニカルなピラティスと近く、またさらに掘り下げることができるので、もっともっと私も学んでいきたいと思いました。
B.n.Pでよくお伝えしている、「身体の使い方」という視点でトレーニングする事で、身体の様々な不調が改善しています。

もちろん個人差はあります。
美容の面もありますが、お身体の中もピラティスを通して改善していくことができるので、「心地のいい身体」を手にするためにも今回視察に伺ったラスベガスのように日常的にピラティスを取り入れる環境をもっともっと普及できればいいなと改めて思いました。

ちなみに海外でのセッションの金額ですが、やはりプライベートとなると10,000円〜15,000円とかかかるようです。もちろんスタジオにもよるとは思いますが、、、

決して安くはないと思いますが、それでも通うということは、やはりそれだけ必要性を実感出来ているからでしょうね。
また、それ以上の価値を感じているから。

日本でも、病気をして、手術したり、入院したりすることになってくると、たった1回の手術でもうん十万などかかります。長ければ長いほどそりゃかかりますよね。

でも、それらがもし自分でケアをすることで防げるなら?

旅行に行くことも大好きなものも食べられる。
大好きな人と自分の好きな時に会うことができる。

自分の力で歩くことができる。
自分の力で身の回りのことができる。
自分の力でお手洗いにも行ける。

これを当たり前だと思っているけれど、
本当はそうではないんですよね。。。。

ピラティスはただのエクササイズではありません。
食べれなくなってしまったものが食べれるようになったり、
病院通い、薬漬けの日々から解放できる。

自律神経を整えられるメソッドであり、身体と心を整えるメソッドです。

これからの時代、必ず予防医学が必要になります。
自分の不調は医者は治してくれません。
ご自分で治すことが常識となります。

自分を見つめ直すことのできるピラティス。

本当に奥が深い。。。

やはり私はピラティスが大好きです。
まだまだ勉強不足だけれど、というか終わりはないけれど、
少しでも皆さんが心地よく過ごすお手伝いができれば、こんなに嬉しいことはないです。

このお仕事ができる幸せ、皆様に感謝しています♡

関連記事

おすすめプログラム

Mind & Body Workであなただけのセルフコンディショニング
☆自分を磨くためのメソッド☆

New Me

PAGE TOP