気になること。

Studio B.n.Pのnaomiです☆

歩いていると、
結構歩幅が小さい方が多くいらっしゃるなと感じたり、

歩き方が気になる人が意外といらっしゃいます。

 

若い方(子供も含め)は、最近本当に内股の人がとても多いです。
「あぁ、股関節悪そう・・・」とか思ってしまったり(笑)

 

足の部分に問題があったり、
股関節に問題があったり、
人それぞれですが、あのまま年取ると・・・きっと確実に体悪くしますね。。。

 

お年を召してくると、
歩幅が小さくなりますが、

以前のブログでも書きましたが、
膝を伸ばす力が弱くなってくると、
姿勢が丸くなり、
頭が前にかかってくるので、前重心になっていきます。

そうすると、どんどん歩幅が小さくなるんです。

 

歩幅が小さくなると・・・?

 

 

股関節の動きが少なくなるので、
脚の筋肉も衰えますし、骨盤内の筋肉も動きにくくなるので便秘にもなったり、
体はこわばるようになっていきます。

 

もし、歩幅が小さいかも?と思う方は、
少し「頭の位置」を後ろに置いておくつもりで歩くと、
自然と足がしっかり前に出やすくなるので、
試してみるのもいいかもしれないですよ♪

 

ちなみにB.n.Pのバレエピラティスでは、日によって、歩く練習もしたりします。
バレエの要素を入れて歩いていくのですが、
かなり歩幅は大きく使えますし、ヒールを履いて綺麗に歩けるようにもなっていきます♪

 

関連記事

おすすめプログラム

Mind & Body Workであなただけのセルフコンディショニング
☆自分を磨くためのメソッド☆

New Me

PAGE TOP