体温が36℃下回ると、、、

Studio B.n.Pのnaomiです☆

昨日のスーパーブルーブラッドムーンは見ましたか?
私は、最後のメンバー様と一緒に見て感動しましたー♡

なんだか特別なpowerを頂いたようで力が漲ってきます(笑)

 

さて、今週もまた雪の予報が入ってますね。
体温が下がると免疫力も下がりますので、
しっかり温めておきたいですよね。

突然ですが、あなたの体温はどのくらいですか?

35℃台の方は、要注意です!

免疫力が下がりやすいため、
様々な病気になりやすい状態を作ってしまいます。

ガンもそうですね。

ガン患者の多くは、35℃台。ひどいとさらに下がります。
ただ、普段平熱が高い(37℃台だった)私の父でも、ガンで亡くなりました。

どういうことか?

内臓の温度が大事ということです。

 

基本的には、脇の下で測って36.5℃ないと体の深部は37.2℃と言われています。
ガン細胞は、39℃以上でないと死滅しません。

ということは、ガン細胞が生きやすい環境を作ってしまいます。

 

そしてもちろんガンだけではなく、
女性なら子宮やその他の女性の臓器。

最近は、不妊に悩む方も多くいらっしゃいますよね。
私もその一人です。
私は、卵巣嚢腫を一つ持っていて、去年の今頃はスタジオオープンのためにかなりハードな毎日を過ごしていたためか、手術しないといけないレベルまで大きくなってしまいました。

ですが、数ヶ月ホルモン剤を飲んで少し落ち着いたのですが、
やはり薬は使いたくなかったので、半年経ってからは薬をやめました。

去年の今頃から、今まで以上に集中してピラティスで私の冷えやすい部分を動かし、また詰まりやすい股関節周辺のトレーニングを少しずつやって来ました。
おかげで今では正常値に近い大きさまで戻りました。(薬をやめてからも小さくなっています)

確かに食事も気をつけなきゃいけなかったりしますが、
器用に私はできないので、ポイントだけ抑えて改善させています。

 

 

何が言いたいかというと、
いくら体の外側から温めても、限界があるんです。

体の表面は温かくても、深部まで届かないと意味がない。

 

なので、ピラティスは体の深部から使うエクササイズの一つです。
そして薬や電気なども使わずに、自分の力である程度戻せます。

私自身体温も、35℃台だったのですが、
いつの間にか36.5℃以上が平熱となっています。

 

色々な体の不調も体温上げることで防げるようになりますので、
体の深部から筋肉を使って、エネルギーを発熱させていきましょう☆

 

特に、痩せている方!

ある程度脂肪がないと保温力が低下するので、
固まってないように!
体の奥から体温上げておきましょう♡

関連記事

おすすめプログラム

Mind & Body Workであなただけのセルフコンディショニング
☆自分を磨くためのメソッド☆

New Me

PAGE TOP